Menu

小児歯科

Home

小児歯科

小児歯科とは

小児歯科とはただ子供の虫歯を治すだけではありません。
虫歯予防に努め、最終的には永久歯を正しい位置に生やし、健康なお口の状態に育てることを目標にしています。

お父さん、お母さんへ

まずはお子さんに虫歯を作らない事が大事ですが、虫歯が出来たとしても悲観せずに乳歯が全て永久歯に生え変わった時に虫歯がなければ良いと気楽に考えてください。

小児歯科といっても基本的には大人の治療と同じです。
虫歯を削って詰め物をしたり、神経の処置をしたり、もちろん場合によっては歯を抜くこともあります。
しかし、大人以上に治療より予防が大切と考えています。

虫歯の治療について

基本的には詰め物など、大人と同じような処置を致します。

しかし、乳歯の生え変わりの際に虫歯になっている時は、
そのまま抜歯をした方が良いという場合もございます。
お子様の年齢や状態によって治療法は変わります。
その都度保護者の方に確認させて頂きますのでご安心下さい。

乳歯の治療例

ちょっとした歪みの治療や、乳歯の虫歯などの治療例です。 歯に関する疑問など、何でもご相談下さいね。

治療例

お子様の歯並びについて

当院では矯正歯科は行っておりません。
しかし、診察の際に矯正の必要性が感じられたお子様には、保護者の方にその旨をお伝えしております。
ご相談などには応じますので、お気軽にお尋ね下さい。

こんな手術も小児歯科

舌小帯強直症という言葉をご存知ですか?

これは舌小帯の短縮、あるいは舌小帯が舌尖から下顎舌側の正中歯槽部歯肉まで接近して付着している場合をいいます。 臨床的にその程度はさまざまで、まれに高度のものでは舌が口底に癒着した完全舌癒着症まであります。

多くの場合、小帯によって舌尖部が下顎正中舌側歯槽基底部の歯肉の辺に種々な程度で固定された状態のものが多いです。 また小帯の大きさは太く短いものが多いですが、普通の大きさのものもみられます。

小児歯科
本症の舌運動障害による種々な機能、あるいは器質的障害については、乳児期における授乳障害、下顎切歯による舌下面の潰瘍形成、咀嚼・嚥下障害、下顎義歯の安定や保持の障害、下顎正中の歯間離開、発育障害、特に舌尖部の硬口蓋および歯肉への接触不十分によるタ行・ラ行音、英語の歯茎音に対する構音障害などがあげられます。

当院でも手術が可能です。お気軽にご相談下さい。